アクションの出力への変数の展開機能について


Cronoidの変数を埋め込み、展開する機能を紹介します。

Cronoidには、アクションの出力内容に変数を埋め込むことができます。
変数の埋め込み箇所は、テキストの出力が対象となります。

変数を使用すると、その内容はタスク作成時点では固定せずに、タスクが実行されるタイミングで動的に内容が決まります。

例えば、「Gmail送信アクションで変数を使用して、メールの件名にタスク実行時の時分秒を動的に埋め込む」などが可能になります。

変数を使用可能なアクションは限られています。
このブログの執筆時点(2017/4/15)では、以下のアクションのみが、変数機能を使用可能です。(利用可能なアクションは増える予定です)


  • プッシュ通知
  • Gmail送信
  • SMS
  • Slack


これらのアクションは、どれもテキストメッセージを送信するためのものですが、変数機能を使用して、メッセージ内に変数を埋め込むことができます。

タスク作 成方法

変数を使用したアクションの作成方法を説明します。
  1. プッシュ通知アクションを例として説明します。
※トリガーなどの作成については説明を省略します。

  1. プッシュ通知アクションの入力画面を開き、メッセージの入力項目の右側に表示されている「{ x }」のボタンをタップします。


  2. 使用可能な変数の一覧が表示されるので、使用する変数をタップします。ここでは、YMDHMS(年月日時分秒)を選択します。


  3. メッセージ部分に変数が自動入力されます。”{YMDHMS}”が変数です。その他にメッセージに含めたい内容があれば、テキストを入力します。


  4. タスクを保存します。

タスクを実行する

それでは、タスクを実行して、変数の内容がどのようになっているか確認してみましょう。

タスクを実行すると、以下のようなプッシュ通知を受信しました。
メッセージ内容に、変数として埋め込んだ「年月日時分秒」が出力されていることがわかります。


変数機能の制限事項

ホーム画面のタスクの一覧から、タスクごとのメニューを表示して、アクションを実行することができますが、この方法でタスクを実行した場合は、変数の内容は空となります。
トリガーが機能して、タスクが起動した場合のみ変数の値がセットされる仕組みとなっています。

まとめ

変数機能を使用すると、タスクに動的な要素を持たせることができ、活用の幅が広がります。
次回は、トリガー特有の変数について、記事を書きたいと思います。

コメント

  1. こんばんは。
    便利に使わせて頂いております。
    Slackのことが話題に出ていたので、お伺いしたいことがあってコメントさせて頂きました。

    トリガーに位置情報を使い、そこを出ると「帰宅します」とSlackに流すタスクを作ったのですが、トリガーに反応はするのですが、「ネットワークに接続されていません」というエラーが出てうまく送信されません。
    ただ、「アクションを実行する」にするとうまくいきます。
    また、Wi-Fiの時も成功します。
    Andoroidのバージョンは7.0、楽天モバイルです。
    何かヒントになるようなことがあればご教示頂けますと幸いです。
    それ以外の点では大変満足しております!
    今後ともよろしくお願いします!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

イヤホンを挿したらGoogle Play Musicアプリを自動起動する

不要になったAndroid端末を定点カメラにして写真を自動撮影する

Cronoidが誕生するまで