外出時にマナーモードに自動で切り替える方法

マナーモードの切り替えを自動化する

外出時は、スマートフォンをマナーモードにする人は多いと思いますが、たまに設定を変更することをうっかり忘れてしまうことがあります。
Cronoidを使用して、マナーモードの設定変更を自動化する方法をご紹介します。

タスク作成方法

トリガー

位置トリガーを使用します。
地図上で自宅の位置をタップして、トリガーとする地点を設定します。
半径は、デフォルトの100mで十分だと思いますが、狭い範囲での移動でタスクを発動したい場合は、ここの数値をもっと小さく設定してください。


アクション

アクションの一覧から、設定変更アクションを選択して、設定項目一覧から「着信モード」を選択します。
  


着信モードは「マナー」を選択して、OKボタンをタップします。


トリガーとアクションを入力できたので、右上のアイコンをタップしてタスクを保存します。これで完成です。
  

外出してみる

では、外に出てタスクを起動してみましょう。

逆に自宅に到着した際に、マナーモードを解除して、ノーマルモードに設定を変更するタスクを作成しておけば、日々のマナーモードとノーマルモードの切り替えが、完全に自動化できます。



Cronoid 自動化ツール - Google Play の Android アプリ
タスク自動化のためのAndroidアプリです。
様々な条件をトリガーとして、スマートフォンの自動操作を行うことができるアプリです。


コメント

このブログの人気の投稿

イヤホンを挿したらGoogle Play Musicアプリを自動起動する

不要になったAndroid端末を定点カメラにして写真を自動撮影する

Cronoidが誕生するまで